羽毛布団 種類

羽毛布団の種類

羽毛布団の種類

一言に羽毛布団と言っても、いくつかの種類があります。
元々布団に使用される羽毛には「ダウン」と「フェザー」の2種類がありますが、「ダウン」が50%以上含まれているのが羽毛布団と言います。
とはいえ、ほとんどの羽毛布団は80%はダウンが占めていますし、逆にダウン100%はハリがなくなるためまずありません。

 

90%位が目安でしょう。
一般的に春から秋にかけて使われる羽毛の掛け布団で、含まれる羽毛の量がシングルサイズで1kg以下のものを「羽毛肌掛け布団」と言います。
この羽毛肌掛け布団の中でもダウンが50%以上が「ダウンケット」、それ未満が「フェザーケット」と呼ばれます。

 

フェザーケットは体に密着するダウンケットに比べてさらりとしているので、暑がりな人にはおすすめです。
肌掛け布団の他に、一般的に羽毛布団と言われて思い浮かべるイメージの羽毛掛け布団に、まれに敷布団もあります。
中身においてもダウンの含有量、ダウンの鳥の種類、どの国の鳥か、によって羽毛も変わってきます。
また、仕立てにも平キルトに立体キルト、特殊立体キルトなどがあり、布の種類やガラの有無によっても違います。

 

こちらのコーナーでは、もうちょっと詳しく羽毛布団の種類について、一緒にみていきましょう。

 

羽毛布団の種類記事一覧

羽毛を使った布団の種類と選び方

羽毛布団と言っても、羽毛を使ったいろいろなタイプのお布があります。一般的に羽毛布団というと、やわらかな賭け心地が想像しやすい「掛け布団」を思い浮かべますね。掛け布団よりも薄手の、肌掛け布団でも羽毛を含む製品があります。ダウンケットやフェザーケットと呼ばれるもので、季節の変わり目などに重宝している人も...

≫続きを読む

 

羽毛布団の羽って、どんな鳥の羽?

羽毛布団に使われる「羽毛」(ダウン)はガチョウ(グース)や鴨(ダック)といった水鳥の胸の毛です。胸の毛は産毛状ので、保湿性に飛んだやわらかな羽です。水鳥はこの羽を開くようにふくらませて肌に外気を取込んで冷ましたり、逆に羽を閉じて肌に外気が触れないようにしたり、体温の調整をしているのだそうです。そのよ...

≫続きを読む

 

羽毛の最高品種、ホワイトグース

羽毛布団になる水鳥はグース(ガチョウ)とダック(鴨)の2種類。この2つの鳥、体の大きさで言うとグース(ガチョウ)の方が大きいですね。ゆえに、羽毛自体もグースの方が大きいんです。大きいということは、羽根自体がふんわりふくらんだ時に含む空気の量も多くなりますから、羽毛布団の品質を向上させます。さらに、寒...

≫続きを読む

 

ホワイトグースを上回る稀少羽毛の存在

ダックよりはグース。グースの中でもシルバーよりはホワイト。同じホワイトグースの中でも、寒冷地に生息していたホワイトグース。このような順で高品質、高級になっていくと説明しましたが、寒冷地のホワイトグースをさらに上回る水鳥がいます。それが、マザーグースです。羽毛布団に使われる水鳥の羽毛は、食用に処理され...

≫続きを読む

 

国内で加工されたものが安心

羽毛布団はメーカーによりダウンとフェザーの比率や充填量に色々な種類や表示があり、どれが本物か見分けがつかないですよね。安すぎても不安ですし、高ければいいという訳でもありません。表示と品質が合っているか、品質と価格が合っているか、見極めるのは種類が豊富なだけに本当に難しいですね。一つの基準は羽毛布団メ...

≫続きを読む

 

ダウン率と重さとボリュームの関係

ダウン率95%以上という表記の最高級羽毛布団で、見た目のボリュームが同じ種類でも、重さが異なる場合があります。この場合は、重さが軽い方が、ダウンが大きいことになるのをご存知ですか?一つ一つの羽毛が大きければ大きいほど空気を含んでふんわりし、保温性が高まります。同じダウン率、同じボリュームであれば、重...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ